2017年11月24日 (金)

馬車道の音響 Part 2

今年の1月初旬にメインアンプとミキサー、中旬にスピーカーを入れ替えてから1年弱。

音響はかなり満足していたけれど今度は演奏中におこるハウリングが気になりだした。

23755132_1528896353861739_712574661 考えてみればイコライザーの調整はあくまでも自分の所感でやっていただけで馬車道の空間がどんな状態なのかも把握できていなかった。

そんな時にハウリングを自動補正してくれるデジタルイコライザーというのがある事を知り、先々週購入してみた。

23473187_1764239413649696_691897069 そこで測定用コンデンサーマイクスピーカーの前に設置してスピーカーの音響特性を測定し補正してみたら驚くほど雑音が無くなった。

この2週間、お客様からも音が良くなったねってお言葉をいただきました。

そんな事をFine Pro Guitarの白石さんに話したら、ギター用ピックアップとギターとアンプの間をワイヤレスにする機器を紹介されてさっそく試用することに。

23755538_1528896303861744_3893945_3 23843189_1528896510528390_5597204_3まずはギター用ピックアップ

アコースティックギターのサウンドホールにギターピックの形をしたマイクを取り付けデジタルプリアンプに接続。

デジタルプリアンプからシールドを使ってDI経由でミキサーへ

価格は12,000円程度なのに意外にいいのです。
ただ、サウンドホールに付けるマイクがピックの形をしている為にピックガードに当たって斜めになってしまうので邪魔になる。

それを白石氏に相談したらカットしてくださって問題クリア。

音質はクリアで問題なし、6種類用意されていますが、僕はナチュラルを選択しています。

23795694_1528896643861710_121279050 23843551_1528896700528371_806674381 そしてもう一つのワイヤレス

形はとってもシンプルでエレアコのジャックとDIに接続するだけ。
ギターシールドのワイヤレスなんだから当然なのですが。

これもまたいい感じ。

充電式で駆動時間は連続5時間。
使用時にスイッチを入れるようすればいいかな。
最悪しシールドをつなげばいいんだし。

でも、これを付けたらステージの足元がスッキリするんですよね。
23843622_1528896420528399_620743544 23905184_1528896597195048_737225104 演奏後、ギターをスタンドに置いてから離れる時にシールドケーブルを引っかけてギターが倒れるなんて事も無くなります。

ちなみに馬車道ではDIの間にチューナーを付けて接続しています。

充電ケーブルはUSB端子でAC電源をとります。

さあ、明日からまたひとつレベルアップした環境をお客様に楽しんで頂けると思うとワクワク。

昨日の祝日、お休みいただいたけれど許していただけるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)